TOPへ戻ります。
罪の告白
■告白:漫画やラノベがドラマCDやアニメ化すると、読んでいる時に思っていた声と違った声優さんになった時のがっかり感というものがあると思うのですが、あの現象は何なんでしょう? 誰しも経験があると思うのですが。魔王様方も似たような経験がおありですか?(デュエリスト/黄泉の底)
ある意味、ものすごく身近でそれに関係する出来事が起こったわよね?
わたしはとっても満足したのねん。わたしの声はやっぱり、わたしの声だったよ~。
レヴィの声も、とってもかわいかったでしょ!?
ベルゼバブ卿の愛らしいお声が耳から離れぬ……。
……さたんも……ばっちり。
わたくしの声は、いかにも胸が大きそうな声でしたわね。
私はなんていうか、すべてがそのまんまだったわ。
ベリアル様のお声も、とってもステキでした! 残念なところもかわいかったデス!
残念は余計よっ!
はうっ、ごめんなしゃいデス!
がっかりすることもあるとは思うけど、うまい人にハマったときは、セリフに書かれてない息遣いとかがすごいよね~。あれは感動的なのねん。
でもさすがに、声優のほうがキャラが濃いっていうのは、初めての経験だったわ。
まさに「色欲の魔王」だったものね。
レベル:5
こんな一体感、ぞくぞくしちゃう♥
罪を告白する